亀田一家謝罪会見で・・・。・アイドル、芸能ニュースから海外経済ニュースまで、最新ニュースを提供しています。あなたの読みたいニュースを選んで楽しんでください。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀田一家謝罪会見で・・・。


亀田大殻戦が終わり、亀田一家が公式会見で謝罪。

モハメド・アリはさ、ムカツクようなビッグマウスだったけど、
本当に強かったし、夢を見させてくれる本当のヒーローだったけど、
今の亀田一家はヒーローには見えない。

メディアと勘違いが作り上げた偽りのヒーロー像じゃ、
憧れることはできない。

一回、自分を見直して這い上がってきてほしい。

~~~~

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトル戦で反則行為を繰り返し、日本ボクシングコミッション(JBC)から厳しい処分を受けた亀田大毅選手(協栄)と父親の亀田史郎氏、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長が17日、一連の騒動に対して謝罪会見を開いた。亀田陣営が公の場で陳謝するのは初めて。

 亀田陣営は同日夕、東京都内のJBCを訪れて陳謝。その後、行われた会見で頭を丸めて登場した大毅選手は始終うつむいたまま無言。トレーナーの史郎氏は「ご迷惑をかけて申し訳ありません」と謝罪した。

 1年間の出場停止という大毅選手への処分について、史郎氏は「仕方がない」。亀田家のボクシングスタイルについては「自分らのスタイルなんで」と変えるつもりがない考え。また、反則を指示したのではとの問いに対しては「していません。ポイントを取られているから、悔いのないように戦えと(いうつもりで言った)」とあくまで強気だった。

 タイトル戦での亀田陣営の行為について、JBCは15日に倫理委員会を開催。同委員会では大毅選手がチャンピオンの内藤大助選手=宮田=を投げ飛ばして減点を受けた行為が故意の反則に該当するとして1年間の資格停止、史郎氏は試合開始直前に内藤選手とセコンドの宮田博行会長に恫喝(どうかつ)、威嚇したとして無期限のセコンド資格停止、セコンドについた元世界王者の兄、興毅選手も反則を促すような不適切な指示をしたとして厳重戒告、金平会長は監督責任を問われ、3カ月間のオーナーライセンス停止の処分を下していた。

 今回の亀田陣営の謝罪について、JBCの安河内剛事務局長は「亀田側の陳謝したいという意向が漏れ伝わってきたから、こちらから『来てください』と求めた」と経緯を説明した。

スポンサーサイト
Copyright © ざ・ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
"http://x8.tsunokakushi.com/ufo/156477600">
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。